総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業法令 WEB講座


HOME旅行業法令 WEB講座 > 第1章 旅行業法令入門

第1章 旅行業法令入門

1. 旅行業法及びこれに基づく命令 4. 商取引に関して適用される法規と適用順位
2. 旅行業法の体系 5. 旅行業法令でよく使用される用語の意味
3. 旅行業法における制度の概要 旅行業法令 チェックテスト 1

アドバイス  基礎知識として、旅行業法令の法体系や法を構成する各制度のアウトラインをつかみ、条文の中で使用される用語の意味を知っておく必要があります。
  『旅行業法令』を単なる小手先の丸暗記の科目としてとらえると、無味乾燥で興味がなかなか沸きません、内容を理解するように務めることが記憶の早道であり、この章のねらいです。

学習のポイント
 1. 出題の中心となる『旅行業法』には何が定められているか、その体系をつかみましょう。
 2. 旅行業法令を学習するうえで知っておきたい予備知識を習いましょう。
 3. 法令のなかでよく使用される用語の意味を知りましょう。

1.旅行業法及びこれに基づく命令

 旅行業法とそれに基づく各法令の関連性は次の通りです。

1. 旅行業法 : 基本となる法律です。
2. 旅行業法施行規則
法の取扱上の細部を定めた行政庁である国土交通省 の命令(省令)で旅行業務取扱管理者試験では、旅行業法とともに出題の中心となります。
3. 旅行業法施行令 :
法に基づく政府の命令(政令)で、職権の委任に関することが定められています。
4. 旅行業者営業保証金規則 : 営業保証金の取扱い方について定めた法務・国土交通省令。
5. 弁済業務保証金規則
旅行業協会が行う弁済業務保証金の還付取り戻しについて定めた法務・国土交通省令です。

  旅行業務の実務のうえで重要なものは、1)旅行業法と2)旅行業法施行規則で、旅行業務取扱管理者国家試験は主にこの中から出題されます。「法」「政令」「省令」の関係をよく理解しておきましょう。その他、法令の解釈や順守事項がそのつど「通達」で示されたり、行政庁が特に必要と認めて「行政指導」が行われることがあります。


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.