総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業法令 WEB講座


HOME旅行業法令 WEB講座 > 第2章 法の目的・旅行業の定義

第2章 法の目的・旅行業の定義

1. 旅行業法の目的 4. 企画旅行と手配旅行
2. 旅行業の要件 旅行業法令 チェックテスト 2
3. 除外規定

4. 企画旅行と手配旅行

 旅行業者が取り扱う旅行には、企画旅行手配旅行とに大別でききます。

1.企画旅行とは

 企画旅行は,「募集型企画旅行」と「受注型企画旅行」に二分されます。
 募集型企画旅行とは、前述の基本的旅行業務のa)に挙げた、旅行に関する計画(目的地、日程、運送又は宿泊のサービスの内容、旅行者が支払うべき対価=旅行代金など)を、旅行者の募集のためにあらかじめ作成し、これに参加する旅行者を広告等の方法により募集して実施する旅行をいいます。

 つまり、募集型企画旅行とは、旅行の日程、利用する運送機関・宿泊機関などをセットして旅行代金を定めたうえで「旅行商品」として企画し、新聞・雑誌などマスメディアを利用した広告やチラシ、パンフレット配布等の方法によって参加する旅行者を募集する旅行で、「旅行業者が主体となった計画性と募集性」がある旅行という特徴があります。具体的には各種のパッケージ旅行などがあげられます。

 これに対して、受注型企画旅行は、「旅行者からの依頼により」旅行に関する計画を作成し、必要と見込まれる運送等サービス提供する者との間で締結する旅行をいいます。

2. 手配旅行とは

 旅行業者が旅行計画を設定する企画旅行にたいして、旅行者が自ら旅行の計画を立て、旅行業者がその旅行にかかわる手配をするのが手配旅行です。手配旅行の場合、旅行者からの依頼によって、旅行者と旅行サービスを提供する運送・宿泊等との間の代理、媒介、取次をすることになります。

 具体的には、修学旅行や職場旅行、各種の団体が企画する招待旅行や視察旅行、また個人や家族などが計画する旅行など、旅行者が主体となって目的地や日程などを計画する旅行はすべて手配旅行となります。


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.