総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業法令 WEB講座


HOME旅行業法令 WEB講座 > 第2章 法の目的・旅行業の定義

第2章 法の目的・旅行業の定義

1. 旅行業法の目的 4. 企画旅行と手配旅行
2. 旅行業の要件 旅行業法令 チェックテスト 2
3. 除外規定

旅行業法令 チェックテスト 2

 旅行業法令に照らして、次の各設間に答えなさい。

(1)  次のうち、旅行業法の目的として明記されていないものはどれか。
 a) 旅行業務に関する取引の公正の維持
 b) 旅行の安全の確保
 c) 旅行業の健全な発展
 d) 旅行者の利便の増進
(2)  旅行業の定義について述べた次の文章の[    ]の中へ、下記の語群より適当な語句を選び、その記号を記入しなさい。
 旅行業とは[  1  ]を得て、一定の[  2  ]を、[  3  ]として行うことである。
 ただし、バス会社の委託を受けて、乗車券類を販売する行為のみを行う売店のように、もっぱら[  4  ]サービスを提供する者のために[  5  ]に対する[  4  ]サービスの提供について[  6  ]して契約を締結する"行為は、旅行業には該当しない。
[語群]
 a) 取次     b) 代理     c) 媒介     d) 行為     e) 旅行者    f) 企業
 g) 事業     h) 利益       i) 報酬      j) 宿泊     k) 運送      l) 旅行
(3)  次のうち旅行業の登録が必要なものはどれか。
 a) 複数の旅行業者から依頼を受けて、海外旅行の地上手配を専門に請け負う手配代行者
  b) 各地の遊園地、劇場、展覧会などの入場観覧券を、報酬を得て専業としている店舗
  c) 観光地のホテル・旅館の案内送客を、宿泊施設、宿泊客双方から報酬を得て行う案内所
  d) 自ら経営する運送機関の案内をする直営案内所 
(4)  募集型企画旅行とは、旅行業者が、あらかじめ以下の項目に関する事項を定めて計画し、これに参加する旅行者を広告などで募集して実施する旅行である。正しいものを選びなさい。
 a) 運送又は宿泊サービスの内容、食事条件、支払うべき対価
 b) 目的地及び日程、支払うべき対価、参加者の条件
 c) 運送又は宿泊サービスの内容、食事条件、添乗員同行の有無
 d) 目的地及び日程、運送又は宿泊サービスの内容、支払うべき対価

  チェックテスト 2・解答>



HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.