総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業法令 WEB講座


HOME旅行業法令 WEB講座 >第4章 営業保証金制度

第4章 営業保証金制度

1. 営業保証金の供託 8. 取引額の報告
2. 供託者 9. 営業保証金の保管替え等
3. 営業保証金の額 10. 営業保証金についての権利の承継等
4. 供託の届出 11. 営業保証金の還付
5. 法令の改正により営業保証金の額が引上げられた場合 12. 営業保証金の取戻し
6.供託物 13. 営業保証金の不足額の供託
7. 営業保証金の追加供託 旅行業法 チェックテスト4

旅行業法 チェックテスト 4

 次の各間について、選択肢の中から該当するものを1つ選び、記号で答えなさい。

(1)  供託した営業保証金を直ちに取り戻すことができるのは、次のうちどれか。
 a)  旅行業者が旅行業協会の保証社員となったとき
  b)  前事業年度における取引額の減少により営業保証金の額が減少したとき
  c)  旅行業の登録が抹消されたとき
  d)   第2種旅行業から第3種旅行業へ変更登録したことにより、営業保証金の額が減少したとき
(2)  旅行業の登録を受けた者がその事業を開始することができるのは、次のうちどの時点からか。
  a)  旅行業の登録の通知を受けた日から
  b)  旅行業登録名簿に記載された日から
  c)  営業保証金を供託した日から
  d)  営業保証金を供託した旨の届出を登録行政庁に行った日から
(3)  次の記述うち、誤っているものはどれか。
  a)  旅業者代理業者は営業保証金を供託する必要はない。
  b)  旅行業者代理業者との取引により債権を有することとなった旅行者は、その旅行業者代理業者の所属旅行業者が供託している営業保証金から弁済を受けることができる。
  c)  旅行業者は登録を受けた後、営業保証金を供託し、その旨を登録行政庁に届け出た後でなければ、事業を開始することはできない。
  d)  個人登録の旅行業者が死亡し、その日から6カ月以内にその相続人が旅行業の登録を受けた場合は、自動的に、被相続人が供託した営業保証金の権利を継承したものとみなされる。

  チェックテスト  4・解答>


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.