総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業法令 WEB講座


HOME旅行業法令 WEB講座 > 第5章 旅行業務取扱管理者

第5章 旅行業務取扱管理者

1. 旅行業務取扱管理者の選任 3. 旅行業業務取扱管理者の証明書
2. 旅行業務取扱管理者の職務 旅行業法令 チェックテスト5

旅行業法令 チェックテスト 5

 旅行業務取扱管理者に関する次の記述のうち、正しいものには○印を、誤っているものには×印を記しなさい。

(1)  旅行業者の長は旅行業務取扱管理者でなければならない。
(2)  旅行業務取扱管理者として選任した者のすべてが欠けたときには、14日以内に新たな管理者を選任すれば、その間も当該営業所において旅行者と契約を締結することができる。
(3)   従業員が1名しかいない営業所では、旅行業務取扱管理者を選任する義務はない。
(4)  旅行業者が行う募集型企画旅行の募集広告について、旅行者に誤認を与えることがないよう適切な表示をするよう管理及び監督することは、旅行業務取扱管理者の職務の一つである。
(5)  旅行業法違反で罰金刑に処された者は、その執行を終わってから5年間は旅行業務取扱管理者に選任することができない。
(6)  旅行業者が旅行者と契約を締結しようとするときは、旅行者に取引条件を説明しなければならないが、この説明は旅行業務取扱管理者が自ら行う必要がある。
(7)  営業所に選任すべき旅行業務取扱管理者は、当該旅行業者の営業所が国内旅行業務のみを取り扱う所では、国内旅行業務取扱管理者でもよい。
(8)  旅行業者代理業者は、自己の選任した旅行業務取扱管理者がすべて欠員となった場合には所属旅行業者から、管理者の資格を持つ者を出向派遣して兼任してもらうことができる。
(9)  旅行業務取扱管理者は、他の営業所の旅行業務取扱管理者を兼ねられる場合もある。
(10)  国土交通大臣は、旅行業務取扱管理者として選任された者がその業務を適正に遂行していないと認めるとき、その者を解任することを旅行業者に命することができる。

  チェックテスト 5・解答>


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.