総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業法令 WEB講座


HOME旅行業法令 WEB講座 > 第6章 取引準則

第6章 取引準則

1. 料金の掲示 6. 広告の表示
2. 旅行業約款 7. 誇大広告の禁止
3. 取引条件の説明 8. 標識の掲示
4. 書面の交付 旅行業法令 チェックテスト 6
5. 外務員

旅行業法令 チェックテスト 6

 次の(1)から(5)の各設問については、選択肢の中から該当するものをそれぞれ1つ選び、(6)の設問については記述式で答えなさい。

(1)  企画旅行契約を締結するに際して、旅行業者が取引条件の説明をしなくてもよいものはどれか。
  a) 旅行者が旅行業者に支払うべき対価及びその収受の方法
  b) 旅行業務の取扱の料金に関する事項
  c) 契約の申込方法及び成立に関する事項
  d) 契約の変更及び解除に関する事項

(2)  旅行業者が、旅行のサービスの提供について契約を締結したときに、旅行者に対して書面を交付しなくてもよい場合の1つは、次のうちどれか。
  a) 標準旅行業約款にもとづき契約を締結したとき
  b) 旅行に関する相談業務について契約を締結したとき
  c) 取引条件についての詳細な説明が口頭でなされたと認められるとき
  d) 団体手配旅行契約を締結したとき

(3)  次のうち、登録番号の表示または説明を必要としないものはどれか。
 a) 企画旅行契約で取引条件の説明を行うとき
 b) 企画旅行で新聞に参加募集の広告をするとき
 c) 手配旅行契約で国土交通省令で定める事項を記載した書面を交付するとき
 d) 旅行業者代理業者が契約書面を交付するとき
(4)  次のうち、外務員証を携帯しなくとも法令違反とならないものはどれか。
 a) 旅行業者の社長が取引先で団体旅行の取引を行う場合
 b) 旅行業務取扱管理者が、その所属する営業所に出勤する前に得意先と取引を行う場合
 c) 外務員がその所属する営業所で顧客と取引する場合
 d) 新入社員が先輩と同行して得意先で取引を行う場合

(5)  下記は、企画旅行契約の締結に際し、旅行業者が旅行者にその取引の条件として説明すべき事項並びに交付する旅行書面に記載すべき事項の一部を列挙したものである。これらの事項を次の3つの区分に分け、その該当するA・B・Cの記号で答えなさい。
  a)  企画旅行業者の氏名または名称
  b)  旅行中の損害の補償に関する事項
  c)  契約の申込方法および契約の成立に関する事項
 d)  旅行者が旅行業者に支払うべき対価およびその収受の方法
 e)  旅程管理業務を行うものが同行しない場合にあっては、旅行地における企画旅行業者との連絡方法
 [区 分]
 A)取引条件の説明に必要な事項<br>
 B)契約締結後に交付する書面に記載する必要がある事項
 C)上記A・Bの双方共に必要な事項 

(6)  旅行業法は、旅行業者が企画旅行の募集広告をするときに表示しなければならない事項を定めています。下記のような新聞広告がありますが、この広告にはその表示しなければならない事項に欠けているものがあります。その事項を解答例に習って1つ挙げなさい。

                シンガポールの休日   4泊5日の旅

   ◆出発日 10月5日(月)   ◆募集人員 40名 (最少催行人員:10名より催行します)
   往復航空機: シンガポール航空エコノミークラス利用、 宿泊: ○○ホテル
   食事(朝食4回・昼食1回)とシンガポール1日市内観光付き
   旅行代金: お一人様 96,000円(1名1室利用)、 78,000円(2名1室利用)

   ※詳しい旅行条件については、下記へお問い合わせください。
   (社)日本旅行業協会 正会員
   企 画 ○○○トラベル 銀座営業所   総合般旅行業務取扱管理者 鈴木 恵美
   東京都中央区銀座1丁目−2−○○   TEL.(03)3○○○−○○○○

 解答例 : 登録番号

 チェックテスト 6・解答>


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.