総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業法令 WEB講座


HOME旅行業法令 WEB講座 > 第9章 旅行業者代理業

第9章 旅行業者代理業

1. 旅行業者代理業の業務 4. 受託契約
2. 旅行業者代理業の登録の失効 5. 受託契約の規則
3. 旅行業者代理業の特例 旅行業法令 チェックテスト 9

2. 旅行業者代理業の登録の失効法15条の2

 旅行業者代理業者の登録の有効期間の定めはありませんが、次の場合に登録は失効します。

(1)  所属旅行業者との代理契約が失効したとき
(2) 所属旅行業者が旅行業の登録を抹消されたとき


3. 旅行業者代理業の特例

 旅行業者代理業者には、第1種〜3種旅行業者とは異なる旅行業法上の特例がいくつか規定されています。旅行業者代理業の特例規定はひとつの条文としてまとまっているものではなく、登録制度、営業保証金制度、取引準則を定めたそれぞれの条文の中において定められています。
 これらの条文の中から、試験対策のうえで必要な「旅行業者代理業の特例」に関するものを抜粋し、表にして整理してみました。

旅 行 業 者 代 理 業 の 特 例 規 定 該当する条文
1  旅行業者代理業者は、旅行相談業務を行うことはできない。 法2条1項9号・2項
2  旅行業者代理業者は、自ら募集型企画旅行を実施することはできない。 法2条
3  旅行業者代理業の登録にあたっては、財産的な基礎は必要ない 法6条1項8号
4  旅行業者代理業は、登録の有効期間が定められていない。したがって、有効期間の更新の登録も不要である 法6条の2
法15条の2
5  旅行業者代理業者の営業所は、営業保証金を供託、または弁済業務保証金分担金)を納付する必要はない。 法7条1項
法22条の10−1項
6  料金・約款は、所属旅行業者(受託旅行業者代理業者のときには、委託旅行業者の約款も含む)のものを使用することとされているので、自ら料金・約款を設定することはできない。 法12条3項
7  旅行業者代理業者は、受託旅行業者代理業者となって企画旅行契約を締結する場合を除き、所属旅行業者以外の旅行業者の代理となることはできない。 法14条の3−1項
8  旅行業者代理業者は、取引の相手方に対し、所属旅行業者の氏名(名称)および旅行業者代理業者である旨を明示しなければならない。 法14条の3−2項
9  旅行業者代理業者は、営業所において、所属旅行業者を誤認させるような表示をしてはならない。 法14条の3−3項


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.