総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業法令 WEB講座


HOME旅行業法令 WEB講座 >第9章 旅行業者代理業

第9章 旅行業者代理業

1. 旅行業者代理業の業務 4. 受託契約
2. 旅行業者代理業の登録の失効 5. 受託契約の規則
3. 旅行業者代理業の特例 旅行業法令 チェックテスト 9

4. 受託契約法14条の2

(1)  旅行業者及び旅行業者代理業者が、他の第1種旅行業者(海外・国内募集型企画旅行)、第2種旅行業者(国内募集型企画旅行)が企画する企画旅行について、代理して契約を締結することを内容とする契約をいいます。この場合、代理される第1種・第2種旅行業者を「委託旅行業者」、代理する第1種〜第3種旅行業者を「受託旅行業者」、及び代理する旅行業者代理業者を「受託旅行業者代理業者」といいます。
(2)  受託契約は、旅行業者代理業制度の特例であり、受託契約を結んだ受託旅行業者は、旅行業者代理業の登録を受ける必要はありません。

5. 受託契約の規則

(1)  受託旅行業者を所属旅行業者とする旅行業者代理業者は、受託契約の中で受託旅行業者代理業者として指定されない限りは、委託旅行業者を代理して、募集型企画旅行契約を締結することはできません。
(2)  受託契約には、委託旅行業者を代理して募集型企画旅行契約を締結することができる営業所(受託営業所)を定めておかなければなりません。
(3)  旅行業者代理業者は、直接、募集型企画旅行を実施する旅行業者と受託契約を締結することはできません。


メモ: 旅行相談業務

 旅行業法においては、例えば「標識」といえば旅行業の「登録票」のことであり、「料金」とは旅行代金のことではなく「旅行業務取扱料金」のことをさします。
 法令でいう「旅行相談業務」とは、旅行者の旅行に関しての相談にのるという一般的な意味ではなく、基本的旅行業務に附随して「報酬を得て旅行に関する相談に応ずる」行為を意味します。


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.