総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業務取扱管理者とは


HOME旅行管理者と旅行業>旅行業務取扱管理者とは?

旅行業務取扱管理者の選任

 旅行業務取扱管理者は、旅行業界では唯一の国家資格です。旅行業者または旅行業者代理業者は、営業所ごとに一定の資格を持った旅行業務取扱管理者を選任して、旅行の取引条件の説明や契約書面の交付などの業務の管理・監督を行わせなければならないと、旅行業法で定められています。

 旅行業務を取扱う者が1人しかいない営業所では、その者が旅行業務取扱管理者の有資格者である必要があります。また、旅行業務取扱管理者として選任していた者のすべてが欠けるに至ったときは、新たに旅行業務取扱管理者選任するまでの間は、その営業所において旅行業務に関して旅行者と契約締結してはならないと定められています。なお、旅行業務取扱管理者が2つ以上の営業所を兼任することや名義貸しは禁じられています。

 旅行業務取扱管理者になるためには、旅行業務取扱管理者試験(国家試験)に合格しなければなりません。受験資格については、年齢・学歴・実務経験などは不問です。

旅行業務取扱管理者の職務

 旅行業法令では、旅行業務取扱管理者とは、「営業所における旅行業務について、旅行サービスの提供の確実性、取引条件の明確性、その他の取引の公正、旅行の安全の確保及び旅行者の利便を確保するために必要な管理・監督に関する事務を行う者」とされています。

 法令で定められている旅行業務取扱管理者の職務は、具体的には次の9つの業務の管理及び監督に関する事務です。

  ● 旅行業務取扱管理者の職務
 1  旅行に関する計画の作成
 2  旅行業務の取扱い料金の掲示
 3  旅行業約款の掲示及び備置き
 4  取引条件の説明
 5  契約書面の交付
 6  企画旅行の広告
 7  運送等サービスの確実な提供等企画旅行の円滑な実施
 8  旅行に関する苦情の処理
 9  契約の内容に係る重要な事項についての明確な記録又は関係書類の保管

旅行業務取扱管理者の種類

 旅行業務取扱管理者試験は、総合旅行業務取扱管理者試験と国内旅行業務取扱管理者試験の2種類があります。

 旅行業務取扱管理者試験については、国土交通大臣が指定した旅行業協会が実施しています。総合旅行業務取扱管理者試験は(社)日本旅行業協会(JATA)が、国内旅行業務取扱管理者試験については、(社)全国旅行業協会(ANTA)がそれぞれ実施しています。

 旅行業務取扱管理者は、その営業所の取り扱う旅行業務の種類により、その必要な資格試験が異なります。たとえば、海外旅行を取り扱う営業所については、総合旅行業務取扱管理者試験の合格者が、国内の旅行のみを取り扱う営業所については、総合旅行業務取扱管理者試験または国内旅行業務取扱管理者試験の合格者が必要となります。


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.