総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 標準旅行業約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >標準旅行業約款 第1章 標準旅行業約款入門

第1章 標準旅行業約款入門

1. 約款(やっかん)とは 4. 旅行契約とは
2. 約款の性質 5. 企画旅行と手配旅行
3.『旅行業法』上の約款に対する規制 旅行業関連約款 チェックテスト 1

アドバイス  『標準旅行業約款』を理解するうえでの予備知識として、条文のなかでのキーワードとなる用語の意味をつかんでおく必要があります。また、旅行業約款に関する規制は、『旅行業法』で定められていますが、約款の法律上の位置付けについても理解をしておかなければなりません。

学習のポイント
1.  「約款」とは何か、また、約款の科目の出題の大部分を占める『標準旅行業約款』の内容にについてその概要を知りましょう。
2.  『標準旅行業約款』を学習するうえで知っておくべき予備知識を学びましょう。
3.  約款の条文のなかで良く使用される用語を知りましょう。

1. 約款(やっかん)とは

 ビジネス社会において、他業種と同様、旅行業界においても取引の形態は多様化し、不特定多数の旅行者や運送・宿泊機関等との間で、大量の取引を日常の業務のうえでこなして行かなければならない状況にあります。

 商取引は一般的には、企業と顧客の当事者同士が話し合い、細かなところまで両者が合意したところで契約するという形をとるのが原則です。たとえば、旅行者と旅行業者との取引においては、どのような日程で、旅行代金はいくらかはもちろんのこと、旅行者の都合により旅行への参加をとり止めるときにはどうするのか、あるいは、旅行者が代金を所定の期日までに支払わない場合にはどうなるか、天災や戦乱のために旅行の実施が不可能になった場合にはどうなるか……等々について、旅行契約を締結する際に前もって取決めておかなければならないことは、数多くあります。

 しかし、今日のような大量取引のもとでは、上記のような細かいひとつひとつの契約条項を個々の旅行者に対してひとつひとつ取決めをしていては対応しきれないのが現状です。そこで、旅行業者側があらかじめ、どの旅行に対しても共通するような取引のうえで生じる種々の問題点を検討し、これを契約条項として作成しておき、旅行者との契約もこの条項に従ったものとすることにすれば、取引の定型化・迅速化ができることになります。この契約条項が「約款」と呼ばれるものす。、したがって、約款は旅行業界以外でも、取引が定型化・大量化している鉄道・航空などの運送業界、銀行・保険などの金融業界、不動産業界その他の業種おいても広く利用されており、日常生活のさまざまな場面で無意識のうちに接しています。


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.