総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 標準旅行業約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >標準旅行業約款 第1章 標準旅行業約款入門

第1章 標準旅行業約款入門

1. 約款(やっかん)とは 4. 旅行契約とは
2. 約款の性質 5. 企画旅行と手配旅行
3.『旅行業法』上の約款に対する規制 旅行業関連約款 チェックテスト 1

5. 企画旅行と手配旅行

 企画旅行は「募集型企画旅行」と「受注型企画旅行」に分けられますが、募集型企画旅行は、2005年に新しい標準旅行業約款が公示される前は主催旅行と呼ばれ、いわゆるパッケージ・ツアーに代表されるタイプの旅行、いわばレディー・メイドの旅行であって、

 旅行業者があらかじめ、旅行の目的地・日程・旅行サービスの内容・旅行代金などの旅行に関する計画を作成し、
 広告などにより旅行者を募集するものをいいます。

 このタイプの旅行の場合、旅行者はその旅行に参加するか否かの選択権しか有さない反面、面倒な計画の手間が省け、気軽に旅行に出かけられるというメリットがあります。
 これに対して、手配旅行は、旅行者が定めた計画や求めに応じて、旅行業者が運送・宿泊機関等を手配するという、いわばオーダー・メイド型の旅行をいいます。
 受注型企画旅行契約は、旧旅行業約款の「包括料金特約を結んだ企画手配旅行契約」を旅行者のニーズに合わせて、新しい旅行業約款に新設されたものです。約款上の規定のほとんどは募集型企画旅行と同様のものとなっていますが、受注型企画旅行契約は旅行者側から旅行業者に企画の作成を依頼することから始まり、広告などによる旅行者の募集は行なわれません。

 【注 釈】
 以下、このWEB講座では、『標準旅行業約款』については「募集型企画旅行の部」を「募集の部」、「受注型企画旅行の部」を「受注の部」、「手配旅行の部」を「手配の部」、「渡航手続代行契約の部」を「渡航の部」、「旅行相談契約の部」を「相談の部」、「特別補償規程」を「特別補償」と略記します。


旅行業関連約款 チェックテスト 1

 次の記述で、正しいものには○印を、誤っているものには×印を記しなさい。

(1)  不特定多数の顧客との間で同じような内容の契約を締結する取引では、契約内容の定型化をみるが、これら大量の取引を敏速かつ安全に処理するために、あらかじめ定型的に契約の内容を定めた契約条項を約款という。
(2)  国土交通大臣が定めて公示した旅行業に関する約款を『モデル旅行業約款』という。
(3)  旅行契約において、旅行者から旅行業者が宿泊に関する手配の依頼を受けた場合、宿泊契約は宿泊機関と旅行業者との問で締結されることになる。
(4)  旅行業者が旅行業約款を定めた場合、その約款は国土交通大臣の認可を受けなければならない。
(5)  旅行業約款の内容に『特別補償規程』に関する条項があるが、これは手配旅行契約についての規定である。

 チェックテスト 1・解答>


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.