総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 標準旅行業約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >標準旅行業約款 第2章 定義・総則

第2章 定義・総則

企画旅行契約と手配旅行契約の定義 総 則
1. 定義 1. 約款の適用範囲
2. 通信契約とカード決済 2. 契約内容の範囲
3. 旅行契約の内容と手配債務の終了 3. 手配代行者
4. 旅行代金 4. 団休・グループ契約
5. 旅行業者の責任 旅行業関連約款 チェックテスト 2

2. 通信契約とカード決済

1. 通信契約(募集の部2条3項/受注の部2条3項/手配の部2条4項

 旅行者が旅行業者等と対面して、旅行業者から旅行サービスの内容や取引条件などの説明をうけたうえで、旅行契約を申し込む従来の取引形態に加えて、近年は電話、郵便、ファクシミリ、または電子計算機(コンピューター)により電気通信回線(いわゆるインターネットなど)などの通信手段を利用して申し込み、なおかつ旅行代金の支払いもクレジットカードで決済するという形態の旅行契約も増加してきました。
 この契約形態が、「通信契約」と呼ばれるものです。通信契約に関する定義は、企画旅行契約、手配旅行契約ともに次のように定められています。

 【企画旅行契約/手配旅行契約】
 「通信契約」とは、旅行業者(募集型企画旅行を代理して販売する場合の受託旅行業者を含む)が提携するクレジットカード会社(提携会社という)のカード会員との間で電話、郵便、ファクシミリその他の通信手段による申込みを受けて締結する旅行契約であって、旅行代金等の債権または債務を提携会社のカード会員規約に従って決済することについて、旅行者があらかじめ承認し、かつ伝票への署名なしで旅行代金をクレジットカードの決済により支払うことを内容とする旅行契約をいいます。
2. 電子承諾通知(募集の部2条4項/受注の部2条4項/手配の部2条5項

 「電子承諾通知」とは、契約の申込みに対する承諾の通知であって、情報通信の技術を利用する方法のうち旅行業者(募集型企画旅行を代理して販売する場合の受託旅行業者を含む)が使用する電子計算機、ファクシミリ装置、テレックスまたは電話機(「電子計算機等」という)と旅行者が使用する電子計算機等とを接続する電気通信回線を通じて送信する方法により行うものをいいます。 すなわち、旅行者からの旅行契約の申込みに対する承諾の通知のうち、旅行業者が情報通信技術を利用し、電気通信回線を通じて旅行者に送信する方法により行うもので、具体的には電子メールなどの通信手段を利用した承諾の通知をさします。

3. カード利用日(募集の部2条5項/受注の部2条5項/手配の部2条6項

 「カード利用日」とは、旅行者または旅行業者が旅行契約に基づく旅行代金等の支払いまたは払戻し債務を履行すべき日をいいます。すなわち、旅行者がカードを利用し、旅行業者がその手続きを行う日が、カード利用日になります。



HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.