総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 標準旅行業約款


HOME旅行業関連約款 WEB講 >標準旅行業約款 第2章 定義・総則

第2章 定義・総則

企画旅行契約と手配旅行契約の定義 総 則
1. 定義 1. 約款の適用範囲
2. 通信契約とカード決済 2. 契約内容の範囲
3. 旅行契約の内容と手配債務の終了 3. 手配代行者
4. 旅行代金 4. 団休・グループ契約
5. 旅行業者の責任 旅行業関連約款 チェックテスト 2

4. 旅行代金

募集型/受注型企画旅行契約(募集の部12条/受注の部12条)
(1)  旅行者は、旅行開始日までの契約書面に記載する期日までに、旅行業者に対し、契約書面に記載する金額の旅行代金を支払わなければなりません。
(2)  通信契約を締結したときは、旅行業者は、提携会社のカードにより所定の伝票への旅行者の署名なくして契約書面に記載する金額の旅行代金の支払いを受けます。また、カード利用日は旅行契約成立日とします。
手配旅行契約(手配の部16条
(1)  旅行者は、旅行開始前の旅行業者が定める期間までに、旅行業者に対し、旅行代金を支払わなけわなければなりません。
(2)  通信契約を締結したときは、旅行業者は、提携会社のカードにより所定の伝票への旅行者の署名なくして旅行代金の支払いを受けます。この場合において、カード利用日は、旅行業者が確定した旅行サービスの内容を旅行者に通知した日とします。
(3)  旅行業者は、旅行開始前において、運送・宿泊機関等の運賃・料金の改訂、為替相場の変動その他の事由により旅行代金の変動を生じた場合は、当該旅行代金を変更することがあります。その場合において、旅行代金の増加又は減少は、旅行者に帰属するものとします。

5. 旅行業者の責任

募集型/受注型企画旅行契約
1. 損害賠償責任(募集型企画の部27条1項/受注型企画の部28条1項

 旅行業者は企画旅行契約の履行に当たって、旅行業者またはその手配代行者が故意または過失により旅行者に損害を与えたときは、その損害を賠償しなければならなりません。ただし、損害発生の翌日から起算して2年以内に旅行業者に対して通知があったときに限ります。

2. 特別補償責任(募集型企画の部28条1項/受注型企画の部29条1項

 募集型企画旅行または受注型企画旅行の参加中に、旅行者の生命、身体または手荷物の上に被った一定の損害が発生した場合、旅行業者に損害賠償責任があるか否か問わず、旅行業者は、あらかじめ定める額の補償金及び見舞金を支払います。
 この規程を「特別補償規程」といい、旅行業者が支払う補償金・見舞金の詳細は、別紙『特別補償規程』に定められています。

手配旅行契約(手配の部23条1項

 旅行業者はその手配旅行契約の履行に当たって、旅行業者またはその手配代行者が故意または過失により旅行者に損害を与えたときは、その損害を賠償しなければなりません。ただし、損害発生の翌日から起算して2年以内に旅行業者に対して通知があったときに限ります。
 ただし、手配旅行契約には、募集型及び受注型企画旅行契約のような、特別補償責任はありません。


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.