総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 標準旅行業約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >標準旅行業約款 第2章 定義・総則

第2章 定義・総則

企画旅行契約と手配旅行契約の定義 総 則
1. 定義 1. 約款の適用範囲
2. 通信契約とカード決済 2. 契約内容の範囲
3. 旅行契約の内容と手配債務の終了 3. 手配代行者
4. 旅行代金 4. 団休・グループ契約
5. 旅行業者の責任 旅行業関連約款 チェックテスト 2

2. 契約内容の範囲

(1)  旅行業者が旅行契約に基づき手配したり旅程を管理する義務を負う旅行サービスの範囲は、契約書面に記載するところによります。ただし、乗車券類・宿泊券類その他旅行サービスの提供を受ける権利を示した書面を交付する場合は、契約書面を交付する必要はありません。
募集の部9条2項/受注の部9粂3項/手配の部10条1項
(2)  手配旅行契約において、旅行業者が善良な管理者の注意を持って旅行サービスの手配をしたときは、満員・休業・条件不適当等の事由により、運送・宿泊機関等との間で旅行サービスの提供をする契約を締結できなかった場合であっても、旅行業者がその義務を果たしたときは、旅行者は、旅行業者に対し、所定の旅行業務取扱料金を支払わなければなりません。
手配の部3条

3. 手配代行者募集の部4条/受注の部4条/手配の部4条

 「旅行業者に代わって、旅行契約の履行に当たって、手配の全部または一部を代行する者」をいいます。手配代行者は、本邦内の者であると否とを問わず、また、旅行業者である必要もありません。

4. 団休・グループ契約募集の部21条/受注の部21条/手配の部18条

(1)  同じ行程を同時に旅行する複数の旅行者からなる団体がその責任ある代表者(契約責任者)を定めて申し込んだ手配を、「団体・グループ契約手配」といいます。
(2)  契約責任者は、旅行業者が定める日までに、構成者の名簿を旅行業者に提出しなければなりません。
(3)  団体・グループ契約においては、契約責任者は、その団体・グループを構成する旅行者(構成者)の契約締結に関する一切の代理権を有する者とみなされ、取引は、当該契約責任者と旅行業者の間で行われます。なお、旅行業者は、契約責任者が構成者に対して現に負い、または将来負うことが予測される債務・義務については、なんら責任を負わないこととされています。
(4)  契約責任者が団体・グループに同行しない場合、旅行開始後においては、あらかじめ契約責任者が選任した構成者を契約責任者とみなします。

メモ: 手配代行者

 旅行手配のための個々の行為は、必ずしも旅行業者が直接行なう必要はなく、例えば海外旅行の場合を見ると、目的地やその周辺の旅行サービスの手配の依頼は、旅行業者→ランド・オペレータ(地上手配業者)→ローカル・オペレーター(現地手配業者)→ホテル、レストラン、バス会社等と流れるのが一般的です。このように、旅行業者と現地のホテル、バス会社等との間に介在するのが手配代行者です。手配代行者は旅行業者の間では通常、ランドオペレーター、もしくはツアーオペレーターなどと称されています。


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.