総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 標準旅行業約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >標準旅行業約款 第2章 定義・総則

第2章 定義・総則

企画旅行契約と手配旅行契約の定義 総 則
1. 定義 1. 約款の適用範囲
2. 通信契約とカード決済 2. 契約内容の範囲
3. 旅行契約の内容と手配債務の終了 3. 手配代行者
4. 旅行代金 4. 団休・グループ契約
5. 旅行業者の責任 旅行業関連約款 チェックテスト 2

旅行業関連約款 チェックテスト 2

 次の各設問に答えなさい。

(1)  標準旅行業約款に関する次の文章の[  ]の中に、下の語群から適当な語句を選び、記号で答えなさい。
 標準旅行業約款は、募集型企画旅行契約の部と[ 1 ]型企画旅行契約の部、[ 2 ]旅行契約の部、渡航手続代行契約の郡、旅行相談契約の部から成っている。
 募集型企画旅行とは、[ 3 ]が、旅行者の募集のためにあらかじめ、旅行の[ 4 ]及び日程、旅行者が提供を受けることができる運送又は宿泊の[ 5 ]の内容並びに旅行者が旅行業者に支払うべき旅行代金の額を定めた旅行に関する[ 6 ]を作成し、これにより実施する旅行をいう。
 旅行業者は旅行契約の履行に当たって、旅行業者またはその[ 7 ]が故意または[ 8 ]により旅行者に損害を与えたときは、その損害を賠償しなければならない。。
[語群]
a) 旅行者      b) 旅行業者    c) サービス     d) 過 失     e) 主催者
f) 手配代行者    g) 手 配      h) 受 注       i) 広 告        j) 計 画
k) 契 約       l) 目的地
(2)  標準旅行業約款に関する次の記述のうち、正しいものをひとつ選びなさい。
  a)  募集型企画旅行契約は、旅行業者自ら旅行サービスを提供することを引き受けるものである。
  b)  手配旅行契約において、旅行者から依頼を受けた運送機関が満席のため予約手配できなかった。この場合、手配は失敗しているので、旅行者に対して旅行業務取扱料金を請求できない。
  c)  手配旅行契約とは、旅行業者が旅行者の委託により、旅行サービスの提供が受けられるように、手配することを引き受ける契約をいう。
  d)  海外旅行の募集型企画旅行契約において、為替相場に大きな変動があったような場合には契約締結後でも変動分の旅行代金を増額することがある。
(3)  標準旅行業約款に関する次の記述のうち、正しいものをひとつ選びなさい。
  a)  特約を結ぶ場合は、口頭でも書面でもよいが、旅行者に不利にならない範囲でなければならない。
  b)  約款の定めのない事項については、商法や商習慣が民法よりも優先する。
  c)  手配代行者は、旅行手配をする以上、旅行業の登録を持った者でなければならない。
  d)  同一行程を同時に旅行する10名以上の旅行者からなる団体が、契約責任者を定めて申し込んだ手配を団体契約という。

 チェックテスト 2・解答>


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.