総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 標準旅行業約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >標準旅行業約款 第3章 契約の成立

第3章 契約の成立

1. 契約の成立時期 5. 契約書面の交付
2. 通信契約による申込みと契約の成立時期 6. 確定書面の交付
3. 電話等による募集型企画旅行契約の予約 7. 情報通信の技術を利用する方法
4. 契約締結の拒否 旅行業関連約款 チェックテスト 3

6. 確定書面の交付募集の部10条/受注の部10条

1.  募集型企画旅行および受注企画型旅行旅行契約の契約書面において、確定された旅行日程または運送・宿泊機関の名称を記載できない場合には、契約書面において利用予定の宿泊機関および表示上重要な運送機関の名称を限定して列挙した上で、契約書面交付後、旅行開始日の前日(旅行開始日の前日から起算してさかのぼって7日目に当たる日以降に企画旅行契約の申込みがなされた場合にあっては、旅行開始日)までの契約書面に定める日までに、これらの確定状況を記載した書面(「確定書面」という)を交付します。
2.  手配状況の確認を希望する旅行者から問い合わせがあったときは、確定書面の交付前であっても、旅行業者は迅速かつ適切にこれに回答しなければなりません。
3.  確定書面を交付した場合には、旅行業者が手配し旅程を管理する義務を負う旅行サービスの範囲は、確定書面に記載するところに特定されます。

 募集型企画旅行は、旅行業者が、あらかじめ旅行サービスの内容を定めて計画し、旅行者を広告などで募集して実施するものですが、出発日によっては参加する旅行者の人員が最少催行人員に達しなくて、旅行が中止されることがあります。また、参加する旅行者の人員も、出発日が近づいても増減することが多い。このような事情により、契約書面を交付する時点で旅行サービスの内容をすべて確定することが困難な場合があり、後日あらためて確定書面を交付することが多くなります。

7. 情報通信の技術を利用する方法
 (募集の部11集/受注の部11条/手配の部11条

1.  旅行業者は、あらかじめ旅行者の承諾を得て、旅行サービスの内容その他の取引条件を説明した書面、契約書面または確定書面の交付に代えて、情報通信の技術を利用する方法により書面に記載すべき事項(「記載事項」という)を提供したときは、旅行者の使用する通信機器に備えられたファイルに記載事項が記録されたことを確認する。
2.  上記1の場合において、旅行者の使用する通信機器に記載事項を記録するためのファイルが備えられていないときは、旅行業者の使用する通信機器に備えられたファイルに記載事項を記録し、旅行者が記載事項を閲覧したことを確認する。

 電子計算機等の通信手段により予約をした場合は、電子承諾通知によっても契約が成立することは前述した通りです。家庭用の電子計算機(パーソナルコンピュータ)等の普及により、情報通信を利用した旅行契約が増えたため、従来の書面の交付に加えてこのような規定が設けられました。


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.