総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 標準旅行業約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >標準旅行業約款 第5章 旅行者による契約解除

第5章 旅行者による契約解除

旅行者の解除権 旅行業関連約款 チェックテスト 5
【表−1】 募集型企画旅行の取消料

旅行業関連約款 チェックテスト 5

 標準旅行業約款に照らして、次の各設問に答えなさい。

(1) 旅行者の解除権について述べた次の記述について、誤っているものを一つ選びなさい。
  a)  旅行業者が、運送機関の適用運賃・料金が改定されたため、その範囲内で旅行代金を増額する旨を所定の期日までに旅行者に通知した場合でも、旅行者は旅行開始前であれば取消料を支払うことなく募集型企画旅行契約を解除できる。
  b)  手配旅行契約に基づき、航空機を利用する団体旅行の手配を進めていたところ、旅行者から都合により手配旅行契約を解除したい旨申し出があった。そこで、すでに受け取っている旅行代金から、航空会社とホテルに支払わなければならない違約料、取消料と所定の旅行業務取扱料金の合計額を差し引いた額を旅行者に返金することにした。この取扱いは正当である。
  c)  募集型企画旅行を申込んでいた旅行者が、旅行出発日の前日に、旅行者が個人的な都合により契約を解除したい旨を申し出た。この場合、旅行者は取消料を支払わずに解除できる。
(2)  次のa)〜d)に掲げる事由による旅行契約の解除の結果として、旅行者から収受または請求できるものすべてを、下記の語群から選び、その記号を記しなさい。
 a)  募集型企画旅行契約で、旅行開始前に、出発日と旅行日程が大きく変更になったため契約を解除したいと旅行者本人から申し出があった。
 b)  募集型企画旅行契約で、運送機関の適用運賃・料金の改定と値上げがあったので、旅行者に旅行代金の増額を所定の期日までに通知したところ、旅行代金の増額を理由に契約を解除したいと申し出があった。
 c)  旅行者から運送・宿泊機関の手配を依頼されたが、旅行業者の努力にもかかわらず、満席・満員のため運送・宿泊機関との契約を締結することができなかったので、その旨を旅行者に伝えた。
 d)  手配旅行契約において、旅行の開始後、旅行者の都合で旅行契約を解除した。
[語 群]
イ)  約款別表に定める取消料
ロ)  約款別表に定める違約料
ハ)  旅行者がすでにサービスの提供を受けた部分の旅行代金(手配旅行の場合には、取消料金は含まないものとする)、及び、運送・宿泊機関等に手付金等の名目ですでに支出した費用
ニ)  旅行業者が得るはずであった取扱料金
ホ)  運送・宿泊機関等に、取消料等の名目で、これから支払わなければならない費用
へ)  収受するものなし(全額払い戻す)

 チェックテスト 5・解答>


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.