総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 標準旅行業約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >標準旅行業約款 第6章 旅行業者による契約解除

第6章 旅行業者による契約解除

1. 旅行業者の解除権-旅行開始前の解除 4. 旅行代金の払戻し
2. 旅行業者の解除権-旅行開始後の解除 旅行業関連約款 チェックテスト 6
3. 旅行者の責に帰すべき事由による解除

3. 旅行者の責に帰すべき事由による解除手配の部14条

 旅行業者は、次に掲げる場合において、手配旅行契約を解除することがあります。

1.  旅行者が所定の期日までに旅行代金を支払わないとき。
2.  通信契約を締結した場合であって、旅行者の有するクレジットカードが無効になる等、旅行者が旅行代金等に係る債務の一部または全部を提携会社のカード会員規約に従って決済できなくなったとき。
3.  上記の規定に基づいて手配旅行契約が解除されたときは、旅行者は、いまだ提供を受けていない旅行サービスに係る取消料、違約料その他の運送・宿泊機関等に対して既に支払い、またはこれから支払わなければならない費用を負担するほか、旅行業者に対し、所定の取消手続料金および旅行業者が得るはずであった取扱料金を支払わなければなりません。

4. 旅行代金の払戻し募集の部19条/受注の部19条

1.  企画旅行契約において、運送機関の適用運賃・料金の値下げや契約内容の変更等による旅行代金の減額、または旅行契約の解除により、旅行者に旅行代金を払い戻すこととなったときは、旅行業者は次の期日までに払戻しをします。

 ● 旅行代金の払戻し
旅行開始前の解除による払戻し 解除日の翌日から起算して7日以内
旅行代金の減額、または旅行開始後の解除による払戻し 契約書面に記載した旅行終了日の翌日から起算して30日以内

2.  通信契約を締結した場合において、旅行代金が減額または契約の解除により旅行者に対し払い戻すべき金額が生じたときは、提携会社のカード会員規約に従って、旅行者に対し払い戻すべき金額を払い戻します。この場合、旅行業者は、旅行開始前の解除による払戻しにあっては解除の翌日から起算して7日以内に、旅行代金の減額または旅行開始後の解除による払戻しにあっては契約書面に記載した旅行終了日の翌日から起算して30日以内に旅行者に対し払い戻すべき額を通知し、旅行者に通知を行った日をカード利用日とします。
3.  旅行代金の払戻しが行われた場合においても、旅行者または旅行業者が損害賠償請求権を行使することを妨げるものではありません。


 メモ: 最少催行人員

 旅行業者が募集型企画旅行を実施する最低限の応募旅行者の設定数。旅行業者が募集型企画旅行を結ぶ際に、契約条項として、「最少催行人員に達しなかった場合には、旅行を実施しない」としていることがあります。
 募集型企画旅行は、一定数の旅行者が集まるとの見込みのもとで種々の団体割引運賃の適用を前提に企画されているので、人員不足が生じた場合には団体割引運賃を適用できず、設定した旅行代金が成立しないことがあるからです。


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.