総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 標準旅行業約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >標準旅行業約款 第8章 受注型企画旅行

第8章 受注型企画旅行

1. 受注型企画旅行 6. 旅行者の解除権
2. 企画書面の交付、契約書面の交付、確定書面 7. 旅行業者の解除権
3. 契約の締結 8. 団体・グループ契約
4. 契約締結の拒否 9. 旅程管理、責任
5. 契約の変更 旅行業関連約款 チェックテスト 8

アドバイス 受注型企画旅行契約は、約款上の規定のほとんどは募集型企画旅行契約と同様の取り扱いとなっています。しかし、受注型企画旅行契約は、旅行者の側から旅行業者に企画の作成を依頼することから始まり、募集型企画旅行契約のように旅行業者による旅行者の募集は行われません。
 国家試験においては、募集型企画旅行契約あるいは手配旅行契約との相違点を問う問題が出題される可能性が今後とも高いと思われます。ここでは、受注型企画旅行契約の募集型企画旅行契約または手配旅行契約と異なる点を中心に整理します。

学習のポイント
1.  受注型企画旅行とは、旅行者からの依頼により、旅行業者が旅行に関する計画を作成し、実施する旅行をいいます。
2.  受注型企画旅行は、手配旅行契約と募集型企画旅行契約の双方の要素を含んでいます。旅行者の依頼により契約が始まる点は手配旅行契約と共通し、旅行業者が旅行計画を企画する点、旅程管理と旅程保証の義務および特別補償規程が適用される点は募集型企画旅行契約と共通しています。

1. 受注型企画旅行受注の部2条1項

 「受注型企画旅行」とは、旅行業者が、旅行者からの依頼により、旅行の目的地および日程、旅行者が提供を受けることができる運送または宿泊のサービスの内容並びに旅行者が旅行業者に支払うべき旅行代金の額を定めた旅行に関する計画を作成し、これにより実施する旅行をいいます。
 手配旅行契約と異なる点は、旅行業者が計画の作成段階から関わり企画書面を交付し、旅行者の承諾を受けてから手配および旅程管理を行なうことです。
 また、募集型企画旅行と同じく、旅行者が受注型企画旅行参加中にその生命、身体または手荷物の上に被った一定の損害について、あらかじめ定める額の補償金および見舞金を支払うという特別補償規程(第9章:特別補償規程を参照)が適用されます。

2. 企画書面の交付、契約書面の交付、確定書面

 受注型企画旅行では旅行者の依頼に応じて、まず依頼の内容に沿って作成した企画書面を交付し、企画の内容を確認した上で契約を締結し、契約書面が交付される。

1. 企画書面の交付(受注の部5条

 旅行業者は、受注型企画旅行契約の申込みをしようとする旅行者からの依頼があったときは、旅行業者の業務上の都合があるときを除き、当該依頼の内容に沿って作成した旅行日程、旅行サービスの内容、旅行代金その他の旅行条件に関する企画の内容を記載した書面(企画書面)を交付します。
 旅行業者は、企画書面において、旅行代金の内訳として企画に関する取扱料金(企画料金)の金額を明示することがあります。

2. 契約書面の交付(受注の部9条

 旅行業者は、受注型企画旅行契約の成立後速やかに、旅行者に、旅行日程、旅行サービスの内容、旅行代金その他の旅行条件および旅行業者の責任に関する事項を記載した書面(契約書面)を交付します。
 旅行業者が受注型企画旅行契約により手配し旅程を管理する義務を負う旅行サービスの範囲は、契約書面に記載するところによります。

3. 確定書面(受注の部10条

 募集型企画旅行契約と同様に、契約書面において、確定された旅行日程、運送もしくは宿泊機関の名称を記載できない場合には、契約書面において利用予定の宿泊機関および旅行計画上重要な運送機関の名称を限定して列挙した上で、契約書面交付後、旅行開始日の前日(旅行開始日の前日から起算してさかのぼって7日目に当たる日以降に受注型企画旅行契約の申込みがなされた場合にあっては、旅行開始日までの契約書面に定める日までに、これらの確定状況を記載した書面(確定書面)を交付しなければなりません。確定書面に関する規定は、募集型企画旅行契約と同様です。


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.