総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 標準旅行業約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >標準旅行業約款 第10章 渡航手続代行契約

第10章 渡航手続代行契約

1. 適用範囲 5. 旅行業者の守秘義務および旅行者の義務
2. 渡航手続代行契約を締結する旅行者 6. 契約の解除
3. 渡航手続代行契約の定義 7. 旅行業者の責任
4. 契約の成立 旅行業関連約款 チェックテスト 10

7. 旅行業者の責任渡航の部8条

1.  旅行業者は、渡航手続代行契約の履行に当たって、故意たまは過失により旅行者に損害を与えたときは、その損害を賠償します。ただし、損害発生の翌日から起算して6カ月以内に旅行業者に対して通知があったときに限ります。
2.  旅行業者は、渡航手続代行契約により、実際に旅行者が旅券等を取得できること及び関係国への出入国が許可されることを保証するものではありません。したがって、旅行業者の責に帰すべき事由によらず、旅行者が旅券等の取得ができず、または関係国への出入国が許可されなかったとしても、その責任を負うものではありません。


メモ: 過去の出題例

 渡航手続代行契約に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
a)  渡航手続代行契約とは、旅行業者が渡航手続代行料金を収受することを的して、旅行者の委託により、旅券、査証等の取得に関する手続等の代行業務を行うことを引き受ける契約をいう。
b)  受託業務を行うに当たって、郵送費、交通費その他の費用が生じたときであっても、これらの費用は旅行者に請求することはできない。
c)  旅行業者は、業務上の都合があるときは、渡航手続代行契約の締結に応じないことがある。
d)  旅行業者の過失により旅行者に損害を与えた場合、損害発生の翌日から起算して6カ月以内に旅行業者に対してその旨の通知があったときは、旅行業者はその損害を賠償しなければならない。
                                                       答: b)


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.