総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 標準旅行業約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >標準旅行業約款 第10章 渡航手続代行契約

第10章 渡航手続代行契約

1. 適用範囲 5. 旅行業者の守秘義務および旅行者の義務
2. 渡航手続代行契約を締結する旅行者 6. 契約の解除
3. 渡航手続代行契約の定義 7. 旅行業者の責任
4. 契約の成立 旅行業関連約款 チェックテスト 10

旅行業関連約款 チェックテスト 10

 渡航手続代行契約について述べた次の記述のうち、正しいものには○印を、誤っているものには×印を記しなさい。
 (1)  旅行業者が渡航手続代行契約を締結する旅行者は、旅行業者と募集型企画旅行契約、受注型企画旅行契約又は手配旅行契約を締結した旅行者に限られる。
 (2)  「代行業務」とは、旅券、査証、再入国許可及び各種証明書の取得に関する手続と、これに関連する業務をいい、出入国手続書類の作成のみの場合は含まない。
 (3)  渡航手続代行契約は、旅行業者が契約の締結を承諾し、所定の申込金を受理した時に成立する。
 (4)  旅行業者は、受託業務(渡航手続代行契約により引き受けた代行業務をいう)を行うに当たて、知り得た情報を他に漏らすことのないようにしなければならない守秘義務がある。っ
 (5)  旅行者が所定の期日までに渡航手続書類を提出しない場合、旅行業者は渡航手続代行契約を解除することができる。
 (6)  旅行者が渡航手続代行契約を解除した場合、旅行者はすでに旅行業者が行った受託業務かかわる渡航手続代行料金を支払わなければならないが、旅行業者側から渡航手続代行契約を解除した場合には、いかなる渡航手続代行料金も負担する必要はない。に
 (7)  渡航手続代行契約において、旅行業者は、実際に旅行者が旅券等を取得できることおよび関係国への出入国が許可されることを保証するものではない。
 (8)  旅行業者は、渡航手続代行契約の成立後、速やかに代行業務の内容、代行料金の額、その収受の方法、責任に関する事項、及びその他の必要な事項を記載した書面を旅行者に交付しなければならないが、契約の成立は申込金を旅行業者が受理したときである。
 (9)  旅行者は、電話により渡航手続代行契約を申込むことができる、この場合、契約は、旅行業者が当該契約の締結を承諾したときに成立する。
(10)  旅行業者は、業務上の都合があるときは、渡航手続代行契約の締結に応じないことがある。

 チェックテスト 10・解答>


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.