総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 運送・宿泊約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >運送・宿泊約款 第2章 国際航空運送約款(その2)

第2章 国際航空運送約款(その2)

1. 手荷物の受付けの制限 5. 超過手荷物料金
2. 受託手荷物 6. ペット等動物の扱い
3. 持込手荷物 旅行業関連約款 チェックテスト 13
4. 無料手荷物許容量

アドバイス 国際航空運送約款の「手荷物」に関しては、総合旅行業務取扱管理者試験において例年出題頻度が高く、特に無料手荷物許容量(重量制と個数制)、受託手荷物と持込手荷物、高価品および動物の取扱いなどについては正確に覚えるようにしましょう。

学習のポイント
1.  手荷物には受託手荷物と持込手荷物が含まれます。
2.  手荷物について、次の3点を区別しましょう。
・手荷物として受け付けられないもの
・受託手荷物として受け付けられないもの
・機内に持込みができるもの
3.  無料手荷物許容量は、受託手荷物と持込手荷物を合わせて計量します。重量制(米国・カナダ路線等以外の路線)と個数制(米国・カナダ精練等)のファーストクラス、中間(ビジネス)クラス、エコノミークラス、それぞれの無料手荷物許容量について、荷物の重量・大きさの制限について、整理して理解しましょう。

1. 手荷物の受付けの制限(第10条(A)

 国際航空運送約款において、「手荷物」とは、旅客の着用・使用・娯楽または便宜のための物品、身廻品その他の携帯品をいい、別段の定めのない限り、受託手荷物および持込手荷物の両方を含みます。
 ただし、次の物品は手荷物として受付けされません。

(1)  第1条で定義された手荷物に該当しない物品
(2)  国際民間航空機関(ICAO)、国際航空運送協会(IATA)および航空会社の規則により、危険品と定められた物品
(3)  出発国、到達国また通過国の適用法令等によりその運送が禁止されている物品
(4)  壊れやすいもの、変質・腐敗するおそれがあるなどの性質を理由として、航空会社が運送に適さないと判断した物品
(5)  生きている動物。(ただし、犬・描・小鳥などのペット、盲導犬・聾等犬・介助犬を除きます。)
(6)  銃砲刀剣類等(会社規則に別段の定めのある場合を除きます。)
(7)  手荷物検査に応じない手荷物



HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.