総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 運送・宿泊約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >運送・宿泊約款 第2章 国際航空運送約款(その2)

第2章 国際航空運送約款(その2)

1. 手荷物の受付けの制限 5. 超過手荷物料金
2. 受託手荷物 6. ペット等動物の扱い
3. 持込手荷物 旅行業関連約款 チェックテスト 13
4. 無料手荷物許容量

3. 持込手荷物第10条(D)

 持込手荷物とは、受託手荷物以外の手荷物で、旅客が航空機内に持込む手荷物をいいます。
 旅客が客室内に持ち込むことができる手荷物は、大人運賃旅客・小児運賃旅客とも共通の扱いを受けます。また、持込手荷物の扱いについては、重量制・個数制とも共通で、運賃のクラスに関係なく共通となっています。

1. 持込み可能な手荷物(第10条(D)(1)

 航空会社が機内持込を特に認めたものを除き、旅客が客室内に持込むことができる手荷物は、下記に定める物品です。

● 機内持込みが可能な手荷物
1.  旅客が携帯し保管する身の回りの物品1個 
2.  会社規則で定める物品で、客室内の収納棚や前の座席の下に収納可能で、かつ3辺の和が115センチメートル(45インチ)以内のもの1個
3.  航空会社が機内持込を特に認めたもの。
4.  重量制限= 上記(1)と(2)の合計の重量が10キログラム(22ポンド)以内
2. 貨物室での運送が適当でない物(第10条(D)(2)

 壊れやすい楽器など貨物室での運送が適当でない物は、航空会社が事前に承認している場合に限り、客室内に持ち込むことができます。ただし、会社規則に定める料金が必要となります。


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.