総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 標準旅行業約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >運送・宿泊約款 第2章 国際航空運送約款(その2)

第2章 国際航空運送約款(その2)

1. 手荷物の受付けの制限 5. 超過手荷物料金
2. 受託手荷物 6. ペット等動物の扱い
3. 持込手荷物 旅行業関連約款 チェックテスト 13
4. 無料手荷物許容量

旅行業関連約款 チェックテスト 13

 国際航空運送約款に照らして、以下の設問に答えなさい。

(1)  手荷物に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。
  a)  幼児運賃を支払った幼児の無料手荷物許容量は、重量制では受託扱いの折りたたみ式乳母車、携帯用揺りかご、または幼児用椅子のいずれか1個。個数制では、それに加えて、三辺の和が115cmを超えない受託手荷物1個である。
  b)  所定の容器に入れられたペットは、航空会社がその運送を引受けた場合には、無料手荷物許容量の他に無料で運送される。
  c)  適当量の飛行中の読み物は、旅客が携帯し保管する場合に限り、客室に持ち込むことができる。
  d)  貨幣、宝石類、証券その他の高価品は、受託手荷物としての運送を引受けられない。

(2)  次の物品のうち、受託手荷物として運送されないものはどれか。.
  a)書類   b)小型楽器   C)折りたたみ式自転車    d)ゴルフ用具一式
(3)  次の記述のうち、正しいものをひとつ選びなさい。
  a)  たとえ盲導犬であっても生きている動物は、手荷物として運送することはできない。
  b)  機内持込手荷物は計量されない。
  c)  米国、カナダ行き等の路線の場合、ファースト・クラス普通運賃旅客は、三辺の和が158cm以内のもの2個までならば、2個分の合計サイズにかかわらず、無料で受託手荷物として運送される。
  d)  重量制の場合、エコノミー・クラス普通運賃旅客の無料手荷物許容量は30kgである。

(4)  次の物品は、米国、カナダ行きなどの路線で、手荷物として運送する場合、三辺の和が158cmと見なされるものの対象とならないものはどれか。
  a) 携帯用寝具一式
  b) サーフィン用のボード
  c) スキー用具一式
  d) ゴルフ用具一式

 チェックテスト 13・解答>


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.