総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 標準旅行業約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >運送・宿泊約款 第3章 国際航空運送約款(その3)

第3章 国際航空運送約款(その3)

1. 航空便のスケジュール、延着・取消 5. 相次運送
2. 払戻し 6. 航空会社の責任
3. 地上連絡運送 旅行業関連約款 チェックテスト 14
4. 出入国手続

旅行業関連約款 チェックテスト 14

 国際航空運送約款に関する次の各間に答えなさい。

(1)  次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  a)  時刻表またはその他のところに表示されている時刻は、予定であって、保証されたものではなく、また、運送契約の一部を構成するものではないと定めている。
  b)  航空会社は予告なしに、引き受けた運送につき、航空会社または航空機を変更することがある。
  c)  戦争など、航空会社の管理外の事態が発生した場合に、予告なしに運航中止するときでも、航空会社は、航空券の未使用部分に対する運賃・料金を払戻すこと以外は一切責任を有しない。
  d)  航空券の払戻しは、所定の払戻請求書により請求するが、請求期限はその航空券の発行日から30日以内である。

(2) 次の選択肢のうち、誤っているものはどれか。
  a)  手荷物の毀損については、その受け取り日から3日以内に異議を述べなければ、損害賠償請求は認められない。
  b)  手荷物の延着についての申立ては、手荷物を受け取った日から21日以内に異議を述べなければ、損害賠償請求は認められない。を限度とする。
  c)  手荷物の紛失についての申立ては、その受け取ることができであろう日から21日以内に異議を述べなければ、損害賠償請求は認められない。
  d)  航空会社に対する責任に関する訴えの提起は、到着地への到着日、航空機が到着する予定であった日または運送の中止日から2年以内に提起しなければならない。

(3) 次の選択肢のうち、その内容が正しいものには〇を、誤っているものには×を記しなさい。
  a)  航空券の有効期間満了日の30日よりも後に請求された払戻しは拒否される。
  b)  紛失または盗難の報告が出されている航空券は、払戻しが拒否される。
  c)  航空会社の過失によらない持込手荷物に対する損害についても航空会社は責任を負う。。
  d)  モントリオール条約が適用される運送の場合、手荷物の損害賠償限度額は手荷物1個につき1,000SDRである。

 チェックテスト 14・解答>


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.