総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 運送・宿泊約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >運送・宿泊約款 第4章 国内航空運送約款

第4章 国内航空運送約款

1. 定義 12. 払戻期間
2. 約款の適用 13. 不正搭乗
3. 共同引受 14. 手荷物の禁止制限品目
4. 航空券の発行と効力 15. 無料手荷物許容量
5. 航空券の有効期間 16. 受託手荷物
6. 有効期間の延長 17. 持込手荷物
7. 座席の予約 18. 愛玩動物
8. 運送の拒否および制限 19. 手荷物の賠償責任限度額と従価料金
9. 航空券の紛失 20. 手荷物に係る賠償請求期間
10. 適用運賃および料金 21. 相次運送
11. 幼児の無償運送 旅行業関連約款 チェックテスト 15

旅行業関連約款 チェックテスト 15

 以下の各記述について、国内航空運送約款に照らして、正しいものには○印を、誤っているものには×印を記しなさい。

(1)  大人普通運賃を支払った旅客1人当たりの無料手荷物許容量は、20kgである。
(2)  旅客1人当たりの手荷物に対する運送人の損害賠償責任限度額は、15万円である。(ただし、従価料金の支払いはないものとする。)
(3)  小児が単独で搭乗しようとする場合に、航空会社がその運送を拒絶することができるのは、8歳未満の小児の場合である。
(4)  航空会社が、旅客の病気を理由に、当該旅客の航空券の有効期間を延長する場合の最長延長期問は60日である。
(5)  受取った手荷物に毀損があった場合に、損害賠償を受けるために、毀損があったことを申し出るべき期限は、受取日の翌日から起算して7日以内である。
(6)  航空会社が、旅客の予約した座席を提供できなかった場合に、当該旅客の航空券について行なう有効期間の延長は20日である。
(7)  3歳未満の無賃の同伴幼児には、無料扱い身回品の適用はあるが、無料手荷物許容量の適用はない。
(8)  搭乗予定便を指定しないで発行された航空券の有効期間は、発行日から1年間である。
(9)  視覚障害者の旅客に同伴される盲導犬は、無料手荷物許容量のほかに無料で運送される。
(10)  手荷物に対する航空会社の責任は、旅客1人につき総額15万円を限度とする。

 チェックテスト 15・解答>


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.