総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

旅行業関連約款 WEB講座 運送・宿泊約款


HOME旅行業関連約款 WEB講座 >運送・宿泊約款 第5章 JR営業規則

第5章 JR営業規則

1. 用語の意義 7. 小児の運賃・料金
2. 契約の成立時期及び適用規定 8. 乗車券類の発売日
3. 運行不能の場合の取扱方 9. 乗車券類の有効日数
4. 不通区間の乗車券類を、すでに購入している場合の取扱い 10. 団体の種別
5. 事故などによる列車遅延時の取扱い 11. 団体の保証金と指定保証金
6. 旅客の年齢区分 12. 関連約款 チェックテスト 16

4. 不通区間の乗車券類をすでに購入している場合の取扱い

(1)  旅行をとりやめる場合には、手数料なしで全額払戻します。
(2)  旅行の途中で、その先の旅行をとりやめる場合には、前途の不乗区間の運賃・料金を手数料なしで全額払戻します。
(3)  旅行を中止して旅行開始駅まで戻る場合には、無賃で旅行開始駅まで運送します。(無賃送還という)。かつ、運賃・料金は手数料なしで全額払戻します。

5. 事故などによる列車遅延時の取扱い

(1)  急行列車(特急も含む)が到着予定時刻より2時間以上おくれた時には、急行料金を全額払戻します。
(2)  指定席(寝台・グリーンも含む)を目的地まで使用できなかった時には、指定料金を全額払戻します。
(3)  急行列車が途中で運転を取り止めた場合には、後続の急行列車に、その急行料金を支払うことなく乗車できます。

6. 旅客の年齢区分

 年齢区分は、運賃・料金を算出する際の基準となります。

 大 人  12 歳以上の者
 小 児  6 歳以上12 歳未満の者
 ただし、12 歳であっても小学生であれば「小児」とする
 幼 児  1歳以上6 歳未満の者
 ただし、6 歳の小学校入学前の者も「幼児」とする
 乳 児  1 歳未満の者

7. 小児の運賃・料金

(1)   小児の片道普通旅客運賃、急行料金または座席指定料金は、大人のそれぞれ旅客運賃・料金を半額とし、10円未満の端数は切捨てて10円単位の額とします。
(2)  グリーン料金・寝台料金は、大人・小児ともに同額です。
(3)  幼児・乳児の場合は、原則として運賃・料金は不要であるが、次の場合は小児とみなして、小児の運賃・料金を適用します。

ア.幼児が単独で乗車する場合
ィ.6歳以上の乗車券所持者に3人以上の幼児が同行する場合は、3人目からの幼児より。
 (同伴者1人につき幼児2人までが無料)
ウ.幼児が団体として旅行する場合、または団体に同伴されて旅行する場合。
工.幼児または乳児が、指定座席、寝台を単独で使用する場合。


HOME管理者と旅行業受験ガイド | 学習のヒント | 旅行業法令講座 | 旅行関連約款講座
旅行業関係法規集 | 旅行業関連約款集 | 重要単語集 | 関連団体等 | 資格・通信講座
就職・転職情報 | 宿泊・旅行・航空会社 | 相互リンク集 | サイトマップ | このサイトについて
サイトマップ   お問い合わせ

Copyright© 2008 旅行業務取扱管理者.com All rights reserved.